SSブログ

オステリア わび助(浅草橋) [酒飲みの記録]

今日はT内さん夫妻(妹夫婦)と一緒に、浅草橋の「オステリア わび助」へ行ってきました。いろいろと相談したいことや受け渡ししたいものもあってこの27日に調整したのですが、今週はT内さん(義弟)の胃腸の具合が悪く、実現するかどうか危ぶまれるところでした。幸い、彼の体調が快復して、予定通り3人で行けることになったのですが。

この店は「玉椿」の姉妹店として7月14日にオープンしたばかりのイタリアンレストランで、7月12日のオープニングレセプションに顔を出したものの、その後はなかなか行く機会がありませんでした。「玉椿」からすぐ近くなのですが、どっちかというと日本酒の方が好きですし、「玉椿」で飲み食いした後ではなかなかハシゴする気にならないからです。そういうこともあって、今回の訪問はとても楽しみでした。

16時50分にJR浅草橋駅東口に到着、江戸通に出る階段を下りると、すぐに2人の姿を見つけました。7月26日に浦和で会って以来なので、ちょうど2ヶ月ぶりということになります。T内さんのちょっとした買い物に付き合ってから、江戸通を渡って「わび助」に移動しました。

東口から徒歩数分のところですが、「玉椿」と同様、分かりにくい場所にあると思います。「へえ、こんなところに」と驚かれる人もいるでしょうし、隠れ家的と言えるかもしれません。店の入り口は和風の落ち着いた佇まい、清潔な印象があります。

IMG_0378.jpg
店の入り口。


期待感とともに戸を開けて店に入ると、フロアのO寺さんが出迎えてくれました。元々、「玉椿」のフロアを勤めていた女性です。久しぶり。キッチンの中にはやはり「玉椿」から移ってきたA井さん、そして店長のK田さん(若い男性)がいました。O寺さんに案内されて、入り口脇にある、外がよく見えるテーブルに落ち着きました。他にお客さんはおらず、その後1時間以上、貸切状態が続くことになります(笑)。

メニューをちゃんと見るのは今回が初めてでしたが、料理はパスタを含めてかなり充実しています。本日のおすすめメニューが書かれた黒板も見せてくれました。酒の方もワインを中心にいろいろとありました。ワインだけで言うと、スパークリングワイン、白ワイン、赤ワインで30~40種類ぐらいあったと思います。ボトルばかりでなくグラスワインも用意されているのが、一人客にはありがたいところです。

最初の酒は、ビールのハートランドにしました。私は中ですが、T内さんの2人は小。黒板メニューから注文した、「本日の前菜5種盛り合わせ」がつまみです。3人という人数に合わせて作ってもらいました。このあたりで、「わび助」の店主でもある「玉椿」のY本さんが様子を見にこられました。どういう人かを妹に説明していましたので、あんまり話ができなくて済みません。

IMG_0381.jpg
本日の前菜5種盛り合わせ。


ビールが終わったところで最初のワインをどれにするかを3人で相談し、決めたのが白ワインの「ロバート・モンダヴィ ツインオークス・シャルドネ 2006」。アメリカ・カリフォルニアのワインで、シャルドネ95%、セミヨン3%で造られています。生き生きとした爽やかな酸味、柑橘系の果実香、オークフレーバーの余韻が魅力です。

IMG_0382.jpg
1本目の「ツインオークス・シャルドネ」。


そして、頼んでいた料理が運ばれてきました。この後、パスタ以外は黒板メニューからのものです。カルパッチョなど生の魚を使ったメニューは、T内さんの体調を考慮して今回は頼みませんでした。まずは、富有柿と生ハムのサワークリーム和え。「玉椿」でも食べることが多いメニューですが、やっぱり私の大好物ですから(笑)。白ワインによく合っていました。

IMG_0385.jpg
富有柿と生ハムのサワークリーム和え。


続いて、真鯛頭の香草オーブン焼き。ハーブの香りが鼻孔をくすぐり、スパイシーなトマト味が食欲をそそります。最後には骨だけになってしまいました。

IMG_0386.jpg
真鯛頭の香草オーブン焼き。


パンも食べたいねということで、バケット(パン)と自家製フォカッチャを3個ずつ。オリーブオイルに浸して食べるフォカッチャは、もちもちとしていて美味でした。

IMG_0388.jpg
バケット(パン)と自家製フォカッチャ。


青森産地鴨ローストヴァルサミコソースも運ばれてきました。あっさりした味わいではありますが、やはり肉。これには白ワインよりも赤ワインでしょう。

IMG_0389.jpg
青森産地鴨ローストヴァルサミコソース。


白ワインもなくなったので2本目のワイン。今度もまた3人で相談して、赤ワインの「トラピチェ マルベック・オークカスク 2006」にしました。アルゼンチン産のフルボディ、マルベック100%です。プラムやベリーのジャムを思わせる甘い香り、ヴェルヴェットのような余韻があって飲みやすいです。3人ともに高評価でした。

IMG_0390.jpg
2本目の「マルベック・オークカスク」。


そろそろパスタをということで、2品注文しました。1品は、生モッツァレラとドライトマトのペンネ・アラビアータ。トマト味に唐辛子の辛味、ペンネがもちもちしていて美味でした。

IMG_0394.jpg
生モッツァレラとドライトマトのペンネ・アラビアータ。


もう1品は、ベーコンと水菜のスパゲティ・カルボナーラ。卵黄をよく感じる濃厚な味わいのソースで、こちらもよかったです。

IMG_0395.jpg
ベーコンと水菜のスパゲティ・カルボナーラ。


これでしまいにしてもよかったのですが、自家製スモークカマンベールチーズも頼んでみました。「玉椿」のチーくんに似ていますが、あちらがゆずハチミツなのに対して、こちらはメープルシロップが付いてきます。1人前の4切れを3人で分けましたが、やはり美味です。

IMG_0396.jpg
自家製スモークカマンベールチーズ。


いよいよ締めです。T内さんたちはエスプレッソとデザートにしましたが、私はもうちょっと飲みたいからと、グラスワインにしました。O寺さんがおすすめと言って出してくれたのが、「トルマレスカ・ロッソ 2006」というもの。アンティノリ社がイタリア・プーリア州に所有するワイナリー、トルマレスカで造られた、ネグロアマーロ70%、カベルネ・ソーヴィニョン30%の赤ワインです。ほどよいタンニンがあってやわらかな飲み心地、これもけっこう好みの味でした。

IMG_0402.jpg
最後にいただいた「トルマレスカ・ロッソ」。


このような感じで食べて飲んだのですが、たまにはワインもいいものですね。パスタを含めたイタリアンも大好物ですし、月に一度はこの店に来るようにしたいなと思います。カウンターがあるので一人ででも楽しめる店だと思います。なお、O寺さんのサービスは「玉椿」の頃と変わらぬ行き届いたもので、3人とも寛いだ時間を過ごすことができました。

T内さんたちとは、懸案事項を含めていろいろと話ができてよかったです。印象に残ったのが、ヨドバシカメラのワゴンセールで9,800円で購入したという、コンパクトデジカメ(フジフィルム)を見せてくれたことです。びっくり。3人ともキヤノン派なので、新しく発表された新製品のことも話題になりました。「EOS 5D markⅡ」、「IXY DIGITAL 3000 IS」、「PowerShot G10」の3つはやっぱりほしいですねえ(汗)。他には、9月の初めに行ってきたというアラスカのみやげと誕生日プレゼントをいただきました。どうもありがとう。

そして、19時40分頃。すっかり満足したところでお勘定にしてもらい、O寺さんに見送られて店をおいとましたのでした。T内さん夫妻とは秋葉原駅で別れましたが、年内にあと2回は会うことになりそうです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

まき子

ロバート・モンダヴィもあるのですね!
NAPA旅行で先月行ったばかりなので、とっても親近感もあり、嬉しいです。
大衆向けのリーズナブルなワインから拘りワインまで揃っているので、
私もよく飲んでいます。
玉椿で日本酒も飲みたいですが、こちらでワインも、、、
うーん、帰ったら行きたいところだらけになってしまいます(汗)。
by まき子 (2008-10-01 09:31) 

でじゃ

わび助はジャンルで言えばイタリアンなのですが、ワインはあちこちのものがありますし、値段の面でもボトル1本3000円から15000円?まで幅がありますので、けっこう楽しめると思います。玉椿と同じく極めてみたいと思いました。

玉椿の方はそろそろ秋冬メニューに替わります。熱燗におでん、帰ってきたらぜひどうぞ(笑)。
by でじゃ (2008-10-01 21:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます